自分の身は自分で守ろう

昨日の練習会お疲れ様でした。

とても沢山の参加者が来て盛り上がりました!

しかし残念なのはやはりパイロンを倒して走るライダーがとても多いこと!

最初は全体を止めて直しをしていましたが、スタッフにも体力の限界があり

後半はほとんど流して、交代の時間に直すようになってしまいました。

パイロンが倒れていたのでは練習にならないし、倒したライダーは1ペナ付いているんですよ!

そしてもう一つ思ったのは、自分の身を自分で守れないライダーが多いこと!

一つは冷え切った路面、タイヤで走り出しているのに、タイヤとの会話が

出来ずに転ぶライダーが多かったですね!

攻めて転ぶのは仕方の無い事ですが、冷えたタイヤで転ぶのはね〜

そして転んだ後、その場にうずくまったり、コース上から離れない人も

多かったです。 骨折などどうしようもない無い状況ならまだしも

動けるのに動かない! コース上は非常に危険、他のライダーに引かれる

可能性がある事を認識して欲しいです。 とにかく転んだら周りを見て

自分の安全を確保するそれが必要です。痛がるのはそれからにしましょう!

またそれは同じコースを使用しているライダーへの障害になっている事を認識して欲しいと思いました。 

また転んだ時に出来る限りコース上を汚さないように配慮されたマシンが少ない事も

良くないですね! 絶対ではなくても出来る限りオイルや冷却水をコース上にまかない

努力をして欲しいです。

そのような意識が出来て初めて一人前のライダーと言えると思います。

頑張って精進しましょうね〜(^^♪

「これは俺への戒めでもあります〜」

http://zrx-drz.at.webry.info/200612/article_5.html

Leave a Reply

By continuing to use the site, you agree to the use of cookies. more information

The cookie settings on this website are set to "allow cookies" to give you the best browsing experience possible. If you continue to use this website without changing your cookie settings or you click "Accept" below then you are consenting to this.

Close